トップページ > 暮らし<生活情報> > 暮らしのガイド > 福祉・健康 > 臨時福祉給付金(経済対策分)

暮らし<生活情報>

福祉・健康 > 臨時福祉給付金(経済対策分)
臨時福祉給付金(経済対策分)とは、消費税の引き上げ(5%→8%)による影響を緩和...

印刷する
臨時福祉給付金(経済対策分)とは、消費税の引き上げ(5%→8%)による影響を緩和するため、所得の低い方へ臨時的な措置として支給するものです。
 申請先は平成28年1月1日時点で、住民登録がされている市町村となります。
 紀宝町で対象になると思われる方には、申請書を3月下旬に郵送します。
 なお、平成28年度(平成27年分)住民税が未申告の方は、支給対象者かどうか判断できません。未申告の方には「未申告のお知らせ」を送付しますので、役場税務住民課で住民税の申告をお願いします。
 申請が完了した後、振込予定日などを記載した決定通知書を送付し、口座に振り込みます。

○支給対象者
 以下の要件をすべて満たす方が対象となります。
  1. (1)平成28年1月1日に紀宝町に住民登録されている方
  2. (2)「平成28年度臨時福祉給付金」対象の方。
     ※平成28年度分の住民税が課税されていない方。ただし、ご自身を扶養している方が課税されている場合や、 生活保護の受給者である場合などは対象外です。


○支給額
 1人につき15,000円
 ※支給は1回限りです。

【提出方法】
 郵送または受付窓口に持参
【受付日程】
 
申請受付期間平成29年3月27日(月)〜平成29年9月26日(火)
※詳しくは、受付日程表をご覧ください。
受付日程表について:受付日程表(PDF:147KB)


※詳しくは、役場福祉課(TEL:0735−33−0339)までお問い合わせください。

○厚生労働省関連情報
特設ホームページ(外部リンク)

※平成28年度に実施した「臨時福祉給付金・年金生活者等支援臨時福祉給付金」につきましては、平成29年2月28日(火)で終了しました。

”振り込め詐欺”や”個人情報の詐取”にご注意ください
  • 市町村や厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • 市町村や厚生労働省などが、「臨時福祉給付金」を支給するために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

 ご自宅や職場などに市町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、お住まいの市町村や警察署(又は警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

問い合わせ先

紀宝町役場 福祉課

TEL:0735-33-0339

FAX:0735-32-3061

〒519-5701

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
 用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる