トップページ > 暮らし<生活情報> > 暮らしのガイド > 福祉・健康 > 児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児福祉手当

暮らし<生活情報>

福祉・健康 > 児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児福祉手当
児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当・特別障害者手当・障害児福祉手当に
関するメニューです。

印刷する

児童手当


児童手当制度の目的

児童を養育している方に手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とします。


制度の詳細は、以下のリンク先でご確認ください。

児童手当について(三重県ホームページ)


支給時期

原則として、2月、6月、10月にそれぞれ前4か月分が支給されます。


申請方法

手当を受けるには、福祉課で次の書類を添えて手続きしてください。

●印鑑 ●請求者名義の普通預金通帳 ●健康保険証 ●マイナンバーのわかるもの ●その他必要書類

【受付窓口】

≫福祉課

※出生届や転入届を提出しただけでは受給できませんので、必ず申請手続きをしてください。


届出内容が変わったとき

●印鑑 ●健康保険証(保険が変わった場合) ●その他必要書類

【受付窓口】

≫福祉課


児童扶養手当

児童扶養手当とは

児童扶養手当制度は、父母の離婚などにより、父または母と生計を同じくしていない児童を養育しているひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図るための制度です。


制度の詳細は、以下のリンク先でご確認ください。

児童扶養手当について(三重県ホームページ)


申請方法

手当を受けるには、福祉課で次の書類を添えて手続きしてください。

●請求者名義の通帳 ●年金手帳 ●印鑑 ●児童扶養手当等認定請求書 ●戸籍謄本 ●住民票謄本 ●児童扶養手当申請に関する調書 ●養育費等に関する申告書 ●マイナンバーのわかるもの ●その他必要書類

【受付窓口】

≫福祉課


届出内容が変わったとき

●児童扶養手当証書 ●印鑑 ●住所変更届 ●氏名変更届 ●児童扶養手当転出届 ●資格喪失届 ●支払金融機関変更届など

【受付窓口】

≫福祉課


特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは

特別児童扶養手当制度とは、身体や精神に障がいのある20歳未満の児童について特別児童扶養手当を支給し、児童の福祉の増進を図るための制度です。


制度の詳細は、以下のリンク先でご確認ください。

特別児童扶養手当について(三重県ホームページ)


申請方法

手当を受けるには福祉課で次の書類を添えて手続きしてください

●身体障害者手帳 ●療育手帳 ●特別児童扶養手当認定請求書 ●診断書 ●戸籍謄本 ●住民票 ●マイナンバーのわかるもの ●その他必要書類

【受付窓口】

≫福祉課


届出内容が変わったとき

●特別児童扶養手当証書 ●住所変更届 ●氏名変更届 ●特別児童扶養手当県外転出届 ●資格喪失届 ●支払郵便局変更届 ●再認定請求書など

【受付窓口】

≫福祉課


特別障害者手当

「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」に基づいて支給されます。

1.実施機関

福祉事務所を管理する地方公共団体の長の委任を受けて、福祉事務所長が実施

2.対象者

20歳以上であって、政令で定める程度の著しく重度の障害の状態にあるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする方

 【支給額(月額)】26,810円

 【支給日】毎年2月,5月,8月,11月にそれぞれ前月までの手当を支給

3.支給要件

・施設入所していない

・病院又は診療所に継続して3か月を超えて入院していない

4.資格喪失

・死亡

・施設入所

・3か月を超えて入院

・障害程度が非該当

5.所得による支給制限

本人・配偶者・扶養義務者の前年の所得が所得制限基準となります。

6.申請をする時

●認定請求書 ●認定診断書 ●戸籍謄本又は抄本 ●世帯全員の住民票の写し

●所得状況届 ●所得状況に関する市町村長の証明書 ●公的年金調書、承諾書

●受給中の年金等の証書の写し ●振込口座指定書 ●マイナンバーのわかるもの

【受付窓口】

≫福祉課

障害児福祉手当

「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」に基づいて支給されます。

1.実施機関

福祉事務所を管理する地方公共団体の長の委任を受けて、福祉事務所長が実施

2.対象者

20歳未満であって、政令で定める程度の重度の障害の状態にあるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする方

 【支給額(月額)】14,580円

 【支給日】毎年2月,5月,8月,11月にそれぞれ前月までの手当を支給

3.支給要件

・障害年金等受給していない

・施設入所していない

4.資格喪失

・死亡

・施設入所

・障害年金等の受給

・障害程度が非該当

・20歳到達

5.所得による支給制限

本人・配偶者・扶養義務者の前年の所得が所得制限基準となります。

6.申請をする時

●認定請求書 ●認定診断書 ●戸籍謄本又は抄本 ●世帯全員の住民票の写し

●所得状況届 ●所得状況に関する市町村長の証明書 ●公的年金調書、承諾書

●受給中の年金等の証書の写し ●振込口座指定書 ●マイナンバーのわかるもの

【受付窓口】

≫福祉課


問い合わせ先

紀宝町役場 福祉課

TEL:0735-33-0339

FAX:0735-32-3061

〒 519-5701

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
 用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる