トップページ > 暮らし<生活情報> > 暮らしのガイド > 農業・産業・土木 > 社会資本総合整備計画の事後評価

暮らし<生活情報>

農業・産業・土木 > 社会資本総合整備計画の事後評価
社会資本総合整備計画の事後評価に関する説明です。

印刷する

  • 計画名称:尾鷲・熊野生活創造圏における地域間のアクセス強化と安心安全でにぎわいのあるまちづくり
  • 計画期間:平成21年度〜平成25年度
  • 計画概要:
     主要幹線道路へのアクセス強化による安全かつ快適な道路ネットワークを整備し、併せて沿道施設の環境改善や、救急・消防活動等の災害に備えた防災対策機能を強化することにより、安全で安心して生活でき地域が活性化するまちづくりを目指す
  • 事業主体:紀宝町、尾鷲市、紀北町、熊野市、御浜町
  • 事後評価:事業期間の終了に伴い、目標の達成状況を公表します。

  • 事後評価書(PDF:299KB)

    Adobe Readerをダウンロード PDFファイルを閲覧・利用するためには「Adobe Reader」が必要になります。お持ちでない方は、アドビ社のホームページから無料で取得できます。左のボタンまたは下記のURLからダウンロードしてご利用ください。 https://get2.adobe.com/jp/reader/


    問い合わせ先

    紀宝町役場 産業建設課

    TEL:0735-33-0336

    FAX:0735-32-0727

    〒 519-5701

    三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

    ※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
     用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

    このページの先頭に戻る

    ひとつ前にもどる