暮らし<生活情報>

こんなときは > 就職・退職
就職・退職したときに関するメニューです。

印刷する

就職したとき・退職したとき

就職したとき
【国民健康保険の手続き】

職場の健康保険に加入したため国民健康保険を脱退する際に手続きが必要です。役場福祉課で手続きを行って下さい。

詳しくは福祉医療助成制度のページをご覧ください
【国民年金の手続き】

就職して厚生年金などに加入したときは、町への届け出は不要です。


退職したとき
【国民健康保険の手続き】

職場の健康保険をやめて国民健康保険に加入する際に手続きが必要です。役場福祉課で手続きを行って下さい。

詳しくは福祉医療助成制度のページをご覧ください
【退職者医療制度】

会社などを退職して被用者年金を受けている人で、次の対象となる項目をすべて満たす人と、その人の被扶養者を対象に医療を受ける制度です。

  • 国保に加入していること。
  • 老人保健法の適用を受けていないこと。
  • 厚生年金や各種共済組合から通算老齢(退職)年金を受けていること、年金制度に加入していた期間が20年以上か、または40歳以降の加入期間が10年以上あることが必要です。

※被扶養者になる人・主として退職被保険者と同居し、退職被保険者の収入によって生計を維持している3親等以内の親族の人(ただし、国保の加入者で老人保健法の適用を受けていないこと)。
役場福祉課で手続きを行って下さい。

詳しくは福祉医療助成制度のページをご覧ください
【国民年金の手続き】

本人または、配偶者が退職して厚生年金などをやめたときは、国民年金へ変わる手続きが必要です。(20歳から60歳までの方)役場税務住民課で手続きを行って下さい。 

詳しくは福祉医療助成制度のページをご覧ください

問い合わせ先

紀宝町役場

福祉課 TEL:0735-33-0339(国民健康保険)

税務住民課 TEL:0735-33-0337(国民年金)

〒 519-5701

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
 用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる