背景色
文字サイズ

更新日付:2022年7月1日

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について

感染拡大防止及び重症化予防の観点から、国の方針に基づき実施します。

接種が受けられる時期

令和3年12月1日から令和4年9月30日までの予定です。

接種対象・回数

12歳以上の方で、2回目接種を完了した日から、5か月以上経過した方に1回接種を行います。(5か月より前に接種することはできません)

例)2回目接種日が令和4年2月7日の場合、5か月後の令和4年7月7日から接種可能

※令和4年5月25日から、ファイザー社製ワクチン及び武田/モデルナ社製ワクチンの3回目接種は、2回目接種からの接種間隔が6か月から5か月に変更になりました。

特に接種をお勧めする方

・高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方」

・重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方」

・医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス暴露リスクが高い方」

接種券の送付

令和4年2月末までに2回目の接種が完了した方には、すでに接種券を送付しています。

今後は下記のスケジュールで順次、接種券を送付します。

2回目接種が完了した時期対象者接種券送付時期(予定)
令和4年3月1日~31日12歳以上の方7月中旬頃
令和4年4月1日~30日8月中旬頃
以降、順次送付予定

国や県が設置する大規模接種センターや勤務先等で接種を予定している方で、接種券が届かない場合は、町ワクチン接種ダイヤル(33-0363)までお問い合わせください。早期発行が可能です。

※2回目の接種を受けていない方には、接種券は送付されません。

ワクチンの種類

18歳以上の方は、1回目・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンを使用します。12歳~17歳の方は、ファイザー社のワクチンを使用します。

ワクチンは感染予防効果や高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されているため、接種時期が来たら速やかに接種を受けることが大切です。

ファイザー社 ワクチン説明書【追加(3回目)接種用】(PDF:0.8MB)

ファイザー社 ワクチン説明書(12歳~15歳)【追加(3回目)接種用】(PDF:0.9MB)

武田/モデルナ社 ワクチン説明書【追加(3回目)接種用】(PDF:0.8MB)

接種費用

無料で接種できます。(全額公費負担)

接種方法

1.集団接種

下記日程の4回目集団接種会場での接種が可能です。

場所:紀宝町生涯学習センター「まなびの郷」

接種日 使用ワクチン(予定) 接種受付時間
7/9(土) ファイザー

【午前】9:30~12:00

【午後】2:00~4:30

7/16(土) 武田/モデルナ(18歳以上)

【午前】9:30~12:00

【午後】予約状況の都合により中止といたします

7/24(日) 武田/モデルナ(18歳以上)

【午前】9:30~12:00

【午後】予約状況の都合により中止といたします

7/31(日) ファイザー

【午前】9:30~12:00

【午後】2:00~4:30

※3回目接種者の定員数は各日12人です。(午前6人・午後6人)

※以降の日程については、ワクチンの供給量、予約状況などにより決定します。決まり次第、町ホームページ・広報紙などでお知らせします。

※接種会場「まなびの郷」までの交通手段がない場合は、「ワクチン接種専用」巡回車両をご利用ください。ご自宅近くの「町民バス停」から、接種会場「まなびの郷」まで送迎します。出発時刻等は、予約の際にお問い合わせください。

予約方法:電話予約

町ワクチン接種専用ダイヤル(0735-33-0363)までお電話ください。(インターネットでの予約はできません)

2.個別接種

場  所:町内医療機関

予約方法:町ワクチン接種専用ダイヤル(0735-33-0363)で一括受付します。町内の医療機関では、受付できません。

※原則、希望のワクチン(ファイザーまたは武田/モデルナ)をお聞きし、申し込み順に6人または15人単位で取りまとめ、医療機関と調整した上で、後日に接種日・接種場所をご案内いたします。

※ファイザー社製ワクチン1瓶が6人分、武田/モデルナ社製ワクチン1瓶が15人分であることから、貴重なワクチンを無駄なく、できるだけ多くの人に接種していただくため、ご理解をお願いします。また曜日や時間帯のご希望に添えない場合がありますので、予めご了承ください。

※町外の医療機関で基礎疾患の治療をしており、その主治医の下で接種する必要がある方は、その医療機関で接種可能かどうかを直接主治医にお問い合わせの上、医療機関の指示に従ってください。(予約開始時期が異なる場合があります)

接種当日の持ち物

1)接種券一体型予診票・予防接種済証(A3用紙)

※予診票に必要事項を記入し、切り離さずにお持ちください。

2)本人確認書類:健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど

3)お薬手帳:薬を日常から服用されている方

その他、連絡事項

▶ 「接種券が印刷された予診票」と「予防接種済証」は一つにまとめて(A3用紙)同封していますので、接種まで切り離さず、大切にお持ちください。

▶ 接種日時点で12歳~15歳の方は、当日の接種会場に必ず保護者が同伴してください。また、予診票の署名欄に、保護者の氏名を署名してください。予診票に保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。

▶ 通院治療中の方は、事前にかかりつけ医等に接種してもよいかどうか、念のためご相談ください。

▶ 他の予防接種を行う場合は、13日以上の間隔を空けてください。

▶ 予約後のキャンセルは、貴重なワクチンを無駄にしないためにも、できる限り早く、必ずご連絡をお願いします。

▶ 接種当日は、速やかに肩を出せる服装でお願いします。

 

Q&A

新型コロナワクチン追加接種(3回目接種)についての詳細は、新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

 

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報を得た上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようにお願いいたします。

 

接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

※申請に必要となる手続きなどについては、役場みらい健康課(☎33-0355)にご相談ください。

問い合わせ先

●接種券・予約等の申込、相談は、 
紀宝町ワクチン接種専用ダイヤル 電話 0735-33-0363 
受付時間:(平日)午前9時から午後5時まで 
※聴覚障がいなど電話での相談が困難な方は、相談内容をFAX送信してください。
FAX: 0735-32-3701