トップページ  > 紀宝町ウミガメ公園 > ウミガメドキュメント
印刷する

ウミガメドキュメント

産卵から子ガメの旅立ちをドキドキレポート

がんばれ母さんガメ!

母さんガメの涙

母さんガメの涙

アカウミガメの産卵海に帰っていく母さんガメ

5月から8月、ひっそりと深夜に行われるアカウミガメの産卵は、なんと1回で約120個の卵を産みます。産卵を始めるまでは警戒心が強く、音や明かりに驚いて海に戻ってしまいますが、一度、産卵を始めればぜったいに何があっても動きません。母さんガメの涙と一緒に新しい生命が産み落とされます。


産卵を終えたあと大切な卵を守るために大切に砂で埋め、鳥などの卵を狙う生物に卵が見つからないように別の場所に穴をあけていきます。 日本中の海岸の中でこの場所を選んでくれた大切な卵を守るために、紀宝町のウミガメ保護監視員のみなさんが波打ち際など危険な場所に産まれた卵の保護に取り組んでいます。


輝く海に向かって

子ガメたち

地上に顔を出した子ガメたち

長い旅の始まり

長い旅の始まり

母さんガメの産卵から60日前後で卵の殻から子ガメたちが抜け出します。約3日から7日かけて埋められていた地下から地上にはい出し、まっすぐ海に向かって進んでいきます。


海に出た子ガメたちは太平洋最大の海流である黒潮に乗って餌が豊富なカリフォルニア沖を目指します。次に子ガメたちが日本に戻ってくるのは10年から20年後といわれており、大人になれる子ガメは5,000匹に1匹というきびしい世界に旅立っていくのです。


いつの日か生まれた浜辺に帰ってくる子ガメたちを夢見て、紀宝町では美しい海岸を守る努力を進めていきます。


紀宝町のウミガメヒストリー
「まちへ産卵に来たウミガメたち」

たくさんの母さんガメが産卵に来てくれるように自然を大切にしよう。

■年度別アカウミガメ上陸頭数 井田海岸

年度別上陸頭数 井田海岸


もどる

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる