トップページ > 観光<観光情報> > 紀宝町観光名所 > 鵜殿城趾(うどのじょうし)

観光<観光情報>

観光<観光情報> > 鵜殿城趾(うどのじょうし)

印刷する

鵜殿城趾(うどのじょうし)

鵜殿城趾(うどのじょうし)

今よりは7〜800年前、熊野水軍が大きく活躍していた頃にこの地を治めた鵜殿氏の築城趾です。小高い丘の頂上に、周囲を土で土手状に積み上げ、中が窪地になっている掻上式土塁という方法で作られ中世山城の特徴をよく残しています。町指定文化財。

また、横にある展望台では、鵜殿地区が一望でき、見晴らしがよく、朝方には綺麗な日の出を見ることができます。

※赤いマークのあるところが現地です。

問い合わせ先

紀宝町役場 企画調整課

TEL:0735-33-0334

FAX:0735-32-1102

〒 519-5701

三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿324番地

※「用語解説」のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。
 用語解説に関するご質問・ご要望は、「Weblio」までお問合せ下さい。

このページの先頭に戻る

ひとつ前にもどる